旦那の稼ぎは、これだけよ!

はっきりいって、高級感のかけらも無い家計です。
でもケチケチ生活は送っていません。
なるべく、買い物の回数を減らす。得に、必要な物が無ければ、買い物は省略するようにしています。
でも、そのためには、大体の消費期限を頭に入れておくのが良いですよ。無くなるのを考えて購入するというのは、とても有効です。
お腹が空いているような時間に、ふらっと買い物に行こうもんなら、山ほど買い物しちゃう。
あと、昼ご飯は自分一人の場合は、贅沢しない。外食もそんなにしないですね。
ちょっとずつ節約すれば、塵も積もれば山となる。そういう心掛け一つで毎月の支出が違ってきます。

固定費を安く。

私は、固定費(毎月必ず決まって出て行くお金)、特に、生命保険料は、毎月の出費の中でも家のローンの次に高かったので見直しをしました。
主人の保険料だけでも毎月16000円、私の保険料が8000円でしたが、見直しをしたところ、今までと、さほど変わらない保障内容で主人が5000円、私が3000円になりました。
なので月16000円、主人の保険料が丸々浮きました。
前は食費を減らす事ばかり考えていましたが、食べ盛りの主人と息子がいると難しく、頑張っても5000円がやっとでした。
うちでは、毎月16000円貯蓄が増えただけでも、とても大きいです。

日々節約

旦那の毎月の給料はとても安いです。でもボーナスが年に三回でます。ボーナスは給料の2ヶ月分くらいです。それを毎月切り崩して生活している感じです。それでもなかなか厳しいです。毎週末子どもたちと遊びにいってユーホーキャッチャーして外食してたらそりゃ足らないでさしす。買いたいものはどんどん買っちゃう性格だし。毎日出来るだけ安い食材を買い出しにいったり電気はコンセントから抜くとか細かな節約はしてるのですがボーナス前になると足らない。そんやときには実家の母に借りたりしちゃったり。私もそろそろ働かないと将来の子どもたちのために貯金もしてあげたいので。